【香川 屋島神社】源平合戦ゆかりの島にある神社・御朱印

屋島神社は源平合戦の地として知られている香川県高松市の屋島にある、創建200年の神社です。

徳川家康と松平頼重を祀っており、本殿から望む景色はとても綺麗ですよ。

 




境内は?

屋島神社の白い鳥居

立て看板はありますが、拝殿が見えません。

ここから拝殿まで長い道のりになりそうな・・・いやな予感しかありません。

 

手水舎

まずは手水舎。

 

屋島神社境内案内図

境内案内図をみると手水舎から拝殿まではやはり遠そうです。



 

長い階段

神社恒例、「ゴールの見えない長い階段」です。

 

屋島神社の広い境内

広いスペースが広がっていました。

遠くに拝殿が見えていますが、まだ遠いです。

 

屋島神社の社務所前

ようやく社務所までたどり着きました。

右に移っている建物が社務所で、階段の先に見えるのが拝殿です。

社務所まで来ても、拝殿まではまだまだ階段が続きます。

 

社務所

社務所。

屋島神社で人気なのがけんこう守

うどんのように長く元気で、白髪になるまですこやかにと祈祷がこめられているお守りです。

 

 

拝殿正面

拝殿

やっとの思いで拝殿まで到着!

振り返ってみるとこの景色でした。

 

拝殿から望む景色

高いところまで上ってきましたね。



屋島神社の由緒

慶安4年(1651年)、高松藩の初代藩主である松平頼重が香川郡宮脇村の本門寿院境内に東照大神(徳川家康)を祀ったことに始まります。

 

拝殿を見上げた写真

文化元年(1804年)から約11年かけて屋島山麓に社殿を造営しましたが、昭和48年(1973年)に不慮の火災により神門以外の本殿、拝殿等を全焼しました。

 

拝殿までの長い階段

社殿は昭和49年(1974年)に再建され、現在に至っています。

 







御朱印

 

書置きの御朱印

書置きでした。

保管方法が悪くて、ちょっと汚してしまいました。

屋島神社・御祭神とアクセス

屋島神社

ホームページtwitter はこちら

御祭神と御神徳

東照大神(徳川家康公)

頼重大神(松平頼重公)

アクセス

〒761-0112
香川県高松市屋島中町140

香川県高松市屋島中町140

○車
・高松自動車道 高松中央ICから約20分

○電車
・琴電屋島駅から徒歩約7分

駐車場情報

社務所近くに1か所・手水舎周辺に2か所の合計3ヶ所あります。

この写真は手水舎の前にある駐車場です。

いずれも無料です。



屋島神社に参拝したならこちらもおすすめ!

年に一度しか上陸できない島にある 津嶋神社

毎年8月4日と5日しか上陸できない島に本殿がある神社をご存知ですか?

 

津嶋神社に架かる橋

年に1度、島へ渡って参拝するため大勢の参拝者が列をなします。

 

津嶋橋の通行チケット

8月4日・5日以外は約250m先の対岸の島にある本殿へ行くことすらできず、夏季大祭の2日間のみ橋がかけられるんです。

普段は、神社へ向かう「つしま橋」には足場すらありません。

 

普段のつしま橋。

入口には鍵が掛かっています。

なんと、最寄り駅の「津島ノ宮駅」も一年に2日のみ開設されるんです。

 

この「つしま橋」は別名「しあわせ橋」といわれ、この橋を渡ると、子供・若いカップル・夫婦に幸せが訪れるとされています。

津嶋神社ホームページより

津嶋神社の本殿がある島や御朱印などなど詳しくはこちら

関連記事

1年でたった2日しか渡れない島にある神社をご存知ですか? 神社しかないその島は、お祭りの日の8月4日・5日以外は橋がかかっていないので上陸することすらできません。 神社の最寄り駅はお祭り期間中の2日間のみ電車が止まり、「日本一営[…]

 

幸せが訪れる橋を渡りに行ってみませんか?

 



まとめ

一生懸命階段を上りましたが、拝殿近くにも駐車場がありました。

ちゃんとみればよかった・・・。

頑張って階段を上った次の日は、やっぱり筋肉痛でした。

階段が苦手な方、筋肉痛になりたくない方は遠慮なく、車でさーっと拝殿近くまで行ってください。

神社に行くために体を鍛えないと。




 



 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
書置きの御朱印
最新情報をチェックしよう!