【兵庫 由良湊神社】速秋津比売神が描かれたステキな御朱印帳 安産・子育ての神様が住む神社

淡路島にある神社と言えば伊弉諾・伊弉冉が祀られている伊弉諾神宮が有名ですよね。

この由良湊神社は伊弉諾・伊弉冉から生まれたとされている速秋津日古神・速秋津比売神を御祭神としています。

この神社の御朱印帳の表紙がイラストで、とても綺麗だと聞いたので参拝がてら、早速購入してきました。

 

小さな鳥居です。

 

手水舎

 

<Sponsered Link>

 

由良湊神社について

御祭神

・速秋津日古神(はやあきつひこのかみ)

・速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)

・品陀別尊(ほむだわけのみこと)・・・第15代応神天皇

御神徳

・罪、穢れを祓い清める・浄化・除災・安産

 

 

御祭神である

・速秋津日古神(はやあきつひこのかみ)

・速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)

は伊弉諾・伊弉冉の二神の間に産まれた男女一対の神です。

古事記では別名「水戸神(みなとのかみ)」と記されており、「港の神」と言う意味があるそうです。

・・・まぁ、そのまんまですね。

古代の港は河口に作られるものであったので、水戸神は河口の神でもある。川に穢れを流す意味から、祓除の神ともされる。

神名の「ハヤ」は川や潮の流れの速さを示し、かつ、河口の利用は潮の流れの速さに左右されることから出た神名とみられている。

また、「アキツ」は「明津」で、禊によって速やかに明るく清まるの意とする解釈もある。

※出典 wikipedia

同じく御祭である、品陀別尊(ほむだわけのみこと)・・・第15代応神天皇とは、神功皇后の御子です。

神功皇后は出産・子育ての神様で、お腹に応神天皇を妊娠したまま朝鮮半島に出兵し、産気に耐えながら三韓征伐を果たしたといわれています。

 

そんなたくましい母、神功皇后が祀られている神社が大阪にあります。

新しい人生をスタートさせる後押しをしてくれる「やりなおしの神様」もいますよ。

きれいな御朱印もたくさんあります。

 

 

本殿

朱色がとっても綺麗です。

 

 

 

由良湊神社の創立年代は不詳ですが、海の近くにあることから由良水門の守り神として祀られたのではないかといわれています。

 

「海上安全」と書いてありますね。

 

 

7月には疫病を退け、健康を祈る「夏越の祭り」が、3月と10月には大漁と海上安全を祈願する「岬まつり」が行われます。

 

夏越の祭り(7月最終日曜日)

※出典 由良湊神社ホームページ

http://www.eonet.ne.jp/~yuraminato/saiten.htm

 

 

<Sponsered Link>

 

 

御朱印帳

由良湊神社の御朱印帳には御祭神の速秋津比売神のイラストが描かれています。

イラストが描かれている御朱印帳なんて珍しいですよね。

御朱印

 

由良湊神社

由良湊神社には社務所がありません。

もし、御朱印帳や御朱印が欲しい方は、参拝する日を事前に伝えておけば

神社を管理されてる方のご自宅で購入できます。

郵送でも購入できますよ。

由良湊神社ホームページ

アクセス

〒656-2541

兵庫県洲本市由良3丁目5-2

兵庫県洲本市由良3丁目5-2

○車・・・神戸淡路鳴門自動車道 洲本IC下車 約26分

○高速バス・・・神戸三宮駅 洲本高速BC行き高速バス乗車

      → 洲本バスセンターより、由良福祉センター行きバス乗車

      → 由良支社前下車

駐車場情報

有 

予約が必要なので、事前にお問い合わせください。

周辺情報

由良湊神社より車で約10分程度のすぐ近くに、洲本温泉があります。

神社で心を癒されて、温泉で体を癒されるのもいいですね♪

 

<Sponsered Link>

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です